経営・人事コンサルタント 社会保険労務みらい 株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜 賃金 退職金 人事労務コンサルタント

HOME会社紹介業務内容FAQセミナー・出版物リンクお問合せ採用情報





メールマガジン
   
横浜の小売業専門コンサルティング&社会保険労務士事務所の「みらい」が贈る
 

△▼△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状
    
                                     2007.04.16 vol.40 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

こんにちは。ヒューマンリソースみらいの荒木 康之です。
いつもこのメルマガをご購読頂きありがとうございます。

60歳以上の方や母子家庭の母親の方を雇用した場合に、一定期間一定割合で助成
金が支給されるのをご存知ですか?

特定求職者雇用開発助成金という制度です。

この助成金は、原則としてハローワークや適正な運用を期すことができる有料・
無料職業紹介事業者経由で雇い入れた場合に支給されるもので、企業が特定求職
者を雇用したとしても、ハローワークなどの紹介日以前に雇用されていたり、採
用が内定していたりした場合は対象になりません。

助成期間は、支給対象となる方を雇用した直後の賃金締め切り日の翌日から1年間
で、助成率は4分の1(中小企業3分の1)です。

正社員の場合だけでなく、パートタイマーとしての雇用であっても、この制度は
利用できますので、結構重宝できると思います。

興味のある方は私どもへお気軽にお問合せ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●トピックス  
   【1】スーパーコンサルの独り言
   【2】お知らせ
   【3】編集後記

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【1】  スーパーコンサルの独り言
    『働きがいのある会社を作ろう』

最近頻繁に起きている不祥事や品質低下や、企業業績の悪化の原因を、成果主義
や能力主義の弊害という側面で伝えていることを多く目にします。

確かに成果主義を単なる結果主義と捉えて、間違った制度の設計や運用を行なっ
ている例もあります。しかし大部分において色々と起きている問題に関し、成果
主義が問題と決め付けていることには非常に疑問を感じます。

企業は従業員に何を求め、従業員は会社に何を求めてているのでしょうか?

先日テレビの街頭インタビューで、20代の男性がこんなことを話していました。

「仕事には誇りを持っている。
だけど会社には誇りを持っていない。メチャクチャやばいっすよ、ウチの会社。」

この言葉はズバリ今の働き手の言葉を代表していないでしょうか。

仕事が嫌いなわけではない、むしろ好きだといっている。
だけど会社に対しては非常な危機感を持っているのです。

仕事のヤリガイが、会社に対する働きがいに結びついていないのです。

今の若い年代と接していると、転職をすることの抵抗感が非常に低いと感じます。
そこには仕事は好きだけど、会社が自分にあわなければ早めに次を見つけようと
している姿が見えます。

財団法人社会生産性本部が今年の新入社員を「デイトレーダー型」と表しているの
は、非常に的を得ていると感じます。

このことを評して、今の若手が駄目だとか、損得勘定に走っていると考えるのでは
なく、若者をそうさせている要因が会社に無いのかをじっくり考えてみる必要があ
ろうと思います。

企業が従業員を育てようとするのではなく、都合のいいように利用しようと考えて

はいないのかを敏感に感じているのが、こういった傾向に拍車を掛けていると思い
ます。

海外調査会社のギャラップが2005年に実施した「会社への帰属意識と仕事への熱意
」に関する調査結果では,日本人の仕事への意欲は世界で最低水準にあります。

「会社への忠誠心がない」という回答は67%に達し,帰属意識が低いとされる中国

よりも多くなっています。バブル崩壊後の15年間に及ぶ「信頼関係の崩壊」の後遺
症はあまりに大きいと言えます。

「従業員は高い意欲を持って働いているか」。これは経営者であれば誰でもが気に
することだと思いますが、その対策として福利厚生を拡充するだけで、問題の本質
を深く掘りさげてはいないと日経ビジネスでは特集で述べています。

従業員の働きがいと会社に対する働きがいを一致させるには、賃金制度や福利厚生
だけでは不十分だということです。

GPTWでは世界29ヶ国で働きがい調査を行なっていますが、昨年初めて日本でもその
調査が行なわれ、興味深い結果が出ました。

『従業員が会社や経営者、管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働い
ている人たちと連帯感が持てる会社』。GPTWは「働きがいのある会社」をこう定義
づけています。

そして働きがいの要素を
『信用』・『尊敬』・『公正』・『誇り』・『連帯感』 という5つの要素の分類しています。

アメリカ版のベスト50社を見ると食品スーパーやコンビニ、百貨店といった小売業
や、IT系、コンサル系、サービス系の企業が多く目に付きます。

日本版の第一位にはリクルートエージェント社が入っています。他にはIT関連や
外資系企業が目立つ結果となっています。

第1位の企業での従業員の主なコメントは、
「派閥が無い。職場で笑いが絶えない。経営陣に意見が普通に言える。稟議が無く
意思決定が早い。新しいチャレンジが奨励される」とあります。

同社は成果主義を取り入れており、4半期ごとの業績目標も高い。決して従業員に
甘い企業ではありません。それでも従業員が高いモチベーションを維持しているの
は、職場の雰囲気によるところが大きいと、同社の従業員は感じています。

また第4位では
「自分の業績が正しく評価され、業績に見合った報酬や地位が確保されている。経
営陣は社員の意見をオープンに聞き入れている」とあります。

この働きがい調査では、働きがいのある企業は通常の企業と比べて離職率は半分で
あるといっています。

私たちの独自調査、『ズバリ賃金首都圏版』から得られることとして、優良企業ほ
ど離職率が低い傾向があるようです。

人間は「働きを認められることによって,初めて生きられる存在」と言っても過言
ではありません。働く者同士が「認め合う」・「尊重し合う」ことによって最高の
パフォーマンスを発揮できます。

経営者はこのことを改めて認識し,従業員のロイヤリティ(所属することへの誇り
)を取り戻すという課題に正面から向き合い、競争力強化の切り札として欲しいと
願います。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【2】セミナーのお知らせ  今月は2つのテーマで開催します

◆『経営者のための賢い年金の受取り方セミナー』

社会保障の問題はいまや国民最大の関心事です。
経営者の方にとってもヒトゴトではありません。

今年4月からの年金改正は、離婚による年金の分割問題ばかりが話題になりますが、
それだけではありません。

在職老齢年金の年限が撤廃され、永年多額の保険料を支払ってきた年金が貰えなく
なるかもしれないのです。

なぜ今年の年金改正は経営者を狙い撃ちしていると言えるのか。
年金のそもそもの仕組みを触れ、改正内容を理解し、対応策を考えることで、
折角かけてきた年金を満額もらえるようにしたくありませんか?

   ・開催日時:4月17日(火)14:00〜17:00
   ・会場:三井生命本社ビル3階会議室(地下鉄大手町駅C2出口徒歩0分)
   ・主催:ヒューマンリソースみらい
   ・協賛:三井生命保険株式会社PMMサービス事業部
      事業承継セミナーと同時に開催いたします。
   ・参加費 :お一人様5,000円

◆『会社の為のうつ病セミナー』

6人に1人が"うつ病"になる時代、対策は万全ですか?

「立派な学歴・職歴の人が採用できた」・・・しかし喜びもつかの間、
入社後その人はうつ病だったと判明した。

うつ病社員が長期入院したために、退職を勧めたらトラブルとなった。
「うつ病になったのは会社の責任だ」と家族が言い出した。

こんなトラブルが多発しているのをご存知ですか?

でも会社としてはどう対処してよいか判らずに、
困り果てている経営者の声を良く耳にします。

無理もありません。
かつてはこのような現象が少なかったので、
会社に対処する経験が無いのです。

”うつ病”に対してどうしたらよいか、
危機に感じている中小企業の経営者のために、
その対策をいち早くお伝えします。

  ・開催日時:4月27日(金) 14:00〜16:30
   ・会 場 :神奈川中小企業センター
   ・主 催 :ヒューマンリソースみらい 
   ・参加費 :お一人様21,000円  二人目からは10,500円

詳しいご案内はこちらまで。  
http://www.hr-mirai.com/seminar_public_2008.html

○当社では企業内セミナーや提携セミナーも積極的にお引き受けいたします。
企業や団体における勉強会、従業員教育、お客様へのサービス企画などに、
労務管理や年金、助成金などのお話をさせて頂いております。
どうぞお気軽にお声掛けください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【3】編集後記

「お母さん社長が行く!」橋本真由美著、日経BP社。1365円。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4822245799/

この本、絶対の買いです!
著者はブックオフ社長の橋本真由美さん。日経ビジネスオンラインで連載中の
コラムを単行本にまとめたもので、23日に発売されます。

橋本さんはブックオフ創業時にパートで入社し、現在は創業者を継いで2代目
社長に就任しています。

ブックオフ創業時から、本気でアルバイト店員と接しながら基本を徹底するこ
とで不振店を回復させていく現場での格闘が伝わってきます。

ブックオフの強力な現場が作り出されるまでの経緯を、1号店の現場からたた
き上げた、同社の「育ての母」の生の声を聞いて、経営に活かしてはいかがで
すか?

-----------------------------------------------------------------------

◇◇ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状◇◇

             ご意見お待ちしております。info@hr-mirai.comまで

-----------------------------------------------------------------------

編集発行責任者  株式会社ヒューマンリソースみらい
             社会保険労務士事務所みらい
                            荒木 康之

-----------------------------------------------------------------------
         □□□□□□□ 人間力は経営力
         □■□□□■□ 231-0014 横浜市中区常磐町2-20
         □■■□■■□        ヴェラハイツ関内405
         □■□■□■□ ヒューマンリソース  TEL 045-650-4166
         □■□□□■□ 社労士事務所     TEL 045-650-4188
         □■□□□■□ 両社共通        FAX 045-650-4199
         □□□□□□□ ホームページ http://www.hr-mirai.com
-----------------------------------------------------------------------

 
このページのトップへ
   
お問合せ
[ ヒューマンリソースみらい ] TEL :横浜 045-650−4166
[ 社会保険労務士事務所  ]  TEL :横浜 045-650−4188
お電話でのお問い合わせはこちらから 045-650-4166 メールフォームでのお問合せはこちらから
人間力が会社を変える!
会社概要
荒木のプロフィール
メールマガジン