経営・人事コンサルタント 社会保険労務みらい 株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜 賃金 退職金 人事労務コンサルタント

HOME会社紹介業務内容FAQセミナー・出版物リンクお問合せ採用情報





メールマガジン
   
横浜の小売業専門コンサルティング&社会保険労務士事務所の「みらい」が贈る
 

△▼△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状
    
                           2007.02.26 vol.33 



このメールマガジンはこのメールマガジンは、私どもとお取引頂いている方の他、
荒木及び阿部と名刺交換等をさせて頂いた方々へ送らせていただいております。
今後このメールマガジンがご不要の場合は、お手数ですがinfo@hr-mirai.comまで
その旨ご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

こんにちは。ヒューマンリソースみらいの荒木 康之です。いつもこのメルマガをご購
読頂きありがとうございます。

安部内閣の支持率が今一つですね。私自身も首相には頼りなさを感じてしまいます。

前任の小泉さんの場合は旧弊と「闘う姿勢」を鮮明にし、短い言葉で明確に私たちに
メッセージを投げかけてくれました。

だから実績よりもその姿勢そのものに感銘したし、応援したくなりました。

旧来からの慣習を変えなければいけないというのは誰でも感じていること。
それを成し遂げるには相当なエネルギーが必要で、それを小泉さんは「闘う姿勢」に
表してくれたから支持されたものと思います。

私たちについても、自分を振り返るときに、行動を起すエネルギーを自らどれだけ
発信出来ているのか反省しなければいけないと感じます。

お客様や支えてくれる仲間との、心のキャッチボールを何処まで真剣に出来るか。
それが私自身に問われていると思うこのごろです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●トピックス
  
  【1】2月前半の新聞等の情報から気になる内容をピックアップ

  【2】お役立ち情報

  【3】セミナー情報

  【4】編集後記

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【1】 1月後半の新聞等の記事から気になる内容をピックアップ!

◆日本経済
○2/2
労働力人口、2050年には2/3に減も。女性と高齢者が鍵。政府推計からの試算。

◆小売・外食産業
○2/8
人材関連各社、外食や小売のバイト採用支援。日払い代行や試用期間設定。
○2/14
セブン&アイ、小売店につり銭を配達。トヨタ系金融と新会社設立。

◆雇用
○2/1
神奈川県の労働力人口は00年比で2.4%増。1都4県で伸び最高。05年国勢調査。
○2/6
民間職業紹介所の求人数34%増。企業の採用意欲高まる。厚労省調査。
○2/6
子育て主婦、正社員に。生保や銀行、中途採用拡大。即戦力確保。
○2/7
派遣技術者、インドや中国などの新興国の技術者の採用を拡大。
○2/8
パートの数、5年ぶり低水準。正社員へのシフト鮮明。厚労省。
○2/12
フリーターに公的助成。職業訓練費用を支給し、氷河期世代の正社員化を支援。
○2/14
OECD、日本の雇用市場の改革を提言。正社員と非正社員の差が主要国で最大。

◆賃金、労働時間、労務管理関連
○2/2
主要労組の賃上げ案出揃う。賃上げ要求強気目立つ。一時金は業績反映し明暗。
○2/4
週休3日制を導入。2部上場の中古車販売大手。人材確保が狙い。
○2/4
自社株を信託し、退職者に支給。人材つなぎとめの新サービス。三菱UFJ信託。
○2/5
社員の満足度を企業が調査。成果主義のマイナス面を修正し顧客満足の改善も。
○2/11
初任給を上げる業種が拡大。優秀な人材を争奪。

◆労働法関連
○2/5
中小企業向けに長時間労働是正の支援制度。採用増助言や補助金。厚労省。
○2/6
残業代割り増し法案、今国会提出へ。中小企業は3年猶予。
○2/15
偽装請負追放へ指針。製造現場向け人材サービスが業界団体を設立。

◆医療・介護
○2/1
医療機関の領収書、明細も発行が55%。うち過半は「希望あるときのみ」。
○2/3
介護休業の取得は1.5%。家族を介護した4人に1人は介護の為に離職や転職。
○2/6
医療費の過払い、市町村の4割が未通知。数千件の規模に。国民健康保険。
○2/12
健康保険組合の裁量を拡大。出産育児一時金の上乗せなど。厚労省が少子化対策。

◆年金
○2/2
社会保険事務所の所長に民間出身者を4人採用。改革を現場で支える役目。
○2/15
年金保険料、強制徴収は事前認可が条件。社会保険庁改革法案。

◆子育て支援・女性
○2/8
育児休業、収入に配慮。厚労大臣。

◆その他
○2/3
05年度生活保護受給者は143万人。10年連続で増。高齢者は減るが若年層で増加。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【2】 お役立ち情報  最近の行政などからの発表から


内容を確認するのはこちらからどうぞ
http://www.hr-mirai.com/info_useful_2007.html


◆2/1 総務省
     労働力調査(速報)平成18年平均結果   
     労働力人口、2年連続で増加――昨年平均、女性・高齢者伸びる

◆2/6 日本総合研究所
     高齢者の時間消費型サービスの行方   
     市場の拡大は不透明    

◆2/6 厚労省
     人口の変化等を踏まえた年金財政への影響  
     将来の人口見通しや近年の経済見通しを踏まえた試算

◆2/7 日本総合研究所
     関西の若者雇用の現状と課題
     若年層において非正社員の増加が顕著    

◆2/9 厚労省
      「雇用保険法等の一部を改正する法律案」について 
      行革推進法に沿った見直しと直面する課題への対応

◆2/10 厚労省
      平成18年度賃金構造基本統計調査結果  
      所定内給与、24都道府県で増加、昨年の大幅に拡大

◆2/13 厚労省
      平成19年度の年金額について  
      平成18年度と同額となりました    

◆2/13 リクルート
      未就学児を持つ専業主婦の再就職以降調査      
      専業主婦ママの95%が再就職意向を持つ。

◆2/14 アイデム人と仕事研究所
      パート・アルバイト働き方に関する調査  
      厚生年金加入なら働く時間を減らす主婦が2割


内容はこちらからどうぞ
http://www.hr-mirai.com/info_useful_2007.html


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【3】「首都圏&神奈川県の賃金セミナー」のご案内

〜独自調査でわかった首都圏と神奈川の中小企業の賃金実態〜

「社員の賃金をいくらにしたらいいのだろう」とお悩みの経営者が多くいます。
「優秀な人材が集まらない」、「定着率が悪い」、「仕事と賃金のバランスが悪い」、

「賃金の適正水準がわからない」、など実に多くの悩みを抱えています。

このような悩みは、同じ地域の中小企業の賃金実態を知ることで解消されます!

弊社は平成18年9月から独自に賃金の生データを集めました。実在する5000人の
詳細な賃金データです。この分析により浮かび上がった、公的統計では判らない、中
小企業の賃金の実態をセミナーにてご報告します。

このセミナー参加により、自社の賃金水準や一人ひとりの賃金水準が明確になります。

その結果昇給をどうすればよいか、また優秀な人材を確保するには賃金をどうするべ
きか、ベテラン社員と若手社員の社内バランスをとるにはどうしたらよいかなど、賃
金の見直しを容易に行なうことが出来るでしょう。

開催日時:3月22日(木)  午後2時〜午後4時30分

開催場所:神奈川中小企業センター(JR関内駅北口5分、地下鉄関内駅1分)

参加費:お一人様10,500円 お二人目は5,250円

セミナー参加者への3つの特典があります。

詳しいご案内はこちらまで。  
http://www.hr-mirai.com/seminar_public_2008.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【4】編集後記

先日行なわれた東京マラソン。実に3万人もの一般市民が参加し、その内96%もの
方々が完走したそうです。

私の知り合いも方もこのプラチナチケットを手に入れ、見事完走してきました。
お話を伺うと、「銀座の真ん中を走るのは、とても気分が良かった。また走りたい。」と
筋肉痛に顔をゆがめながらも、実に爽やかな表情でこの貴重な経験を語ってくれました。

私は元来長距離走は苦手ですし、現在の体重だと12時間かけても完走できるか??

でも10Kコースでもいいから、一度は走ってみたいと夢を感じました。

さあ、頑張って減量しなくっちゃ!

-----------------------------------------------------------------------

◇◇ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状◇◇

このメールマガジンはこのメールマガジンは、私どもとお取引頂いている方の他、
荒木及び阿部と名刺交換等をさせて頂いた方々へ送らせていただいております。
今後このメールマガジンがご不要の場合は、お手数ですがinfo@hr-mirai.comまで
その旨ご連絡下さい。

ご意見お待ちしております。info@hr-mirai.comまで

-----------------------------------------------------------------------

編集発行責任者  株式会社ヒューマンリソースみらい
社会保険労務士事務所みらい
荒木 康之

-----------------------------------------------------------------------
□□□□□□□ 人間力は経営力
□■□□□■□ 231-0014 横浜市中区常磐町2-20
□■■□■■□ ヴェラハイツ関内405
□■□■□■□ ヒューマンリソース  TEL 045-650-4166
□■□□□■□ 社労士事務所TEL 045-650-4188
□■□□□■□ 両社共通  FAX 045-650-4199
□□□□□□□ ホームページ http://www.hr-mirai.com

-----------------------------------------------------------------------

 
このページのトップへ
   
お問合せ
[ ヒューマンリソースみらい ] TEL :横浜 045-650−4166
[ 社会保険労務士事務所  ]  TEL :横浜 045-650−4188
お電話でのお問い合わせはこちらから 045-650-4166 メールフォームでのお問合せはこちらから
人間力が会社を変える!
会社概要
荒木のプロフィール
メールマガジン