経営・人事コンサルタント 社会保険労務みらい 株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜 賃金 退職金 人事労務コンサルタント

HOME会社紹介業務内容FAQセミナー・出版物リンクお問合せ採用情報





メールマガジン
   
横浜の小売業専門コンサルティング&社会保険労務士事務所の「みらい」が贈る
 

△▼△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状
    
                           2007.02.12 vol.31 



このメールマガジンはこのメールマガジンは、私どもとお取引頂いている方の他、
荒木及び阿部と名刺交換等をさせて頂いた方々へ送らせていただいております。
今後このメールマガジンがご不要の場合は、お手数ですがinfo@hr-mirai.comまで
その旨ご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

こんにちは。ヒューマンリソースみらいの荒木 康之です。いつもこのメルマガをご購
読頂きありがとうございます。

このところ急激に雇用情勢が変化しており、景気の回復とあいまって賃金を見直し
したい経営者の方が増えています。

中途採用を増やしたい、優秀な人材を集めたい、社員の定着率を高めたい、
ベテラン社員の賃金が高い、賃金の水準が分からない、などということからです。

そのためによその会社の相場を知りたいと熱望されるのですが、公的な賃金データ
だけでは実態を正確に表しているとは言い切れないために違和感がありませんか?

そこで私どもでは共同で首都圏企業の賃金データを5000名分収集いたしました。
このデータは賃金台帳そのものであり生のデータそのもので、5000人分の生データ
を元にあらゆる角度から分析した賃金統計です。

その名を『ズバリ!実在賃金』(商標登録)と言います。

未だかつて存在しなかったデータを元に、御社の賃金を検討して見ませんか?
詳細は後述いたします。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●トピックス
  
  【1】1月後半の新聞等の情報から気になる内容をピックアップ

  【2】お役立ち情報

  【3】セミナー情報

  【4】編集後記

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【1】 1月後半の新聞等の記事から気になる内容をピックアップ!  

◆日本経済
○1/20
倒産5年ぶり増加。宿泊業・建設業・小売業など地方の内需型小企業目立つ。
○1/20
2040年に出生率1.75が可能。理想の条件実現が前提。社会保障審議会。
      
◆小売・外食産業
○1/16
流通6分野でICタグ。在庫圧縮へ徹底管理。産業界と導入実験、経産省。
○1/18
百貨店売上高、10年連続既存店前年割れ。天候不順、衣料の不振続く。
○1/20
小売・卸、システム共通化。
○1/23
コンビニ、昨年の既存店売上高2.4%減。7年連続の減で下げ幅は最大。
○1/23
スーパーや百貨店の全店合計売上前年マイナス。サービス消費や専門店にシフト。
○1/25
外食売上高、94年調査開始以来のプラス。昨年既存店0.1%増。単価上昇で。

◆雇用
○1/19
定年引上げ等奨励金(70歳まで働ける企業奨励金)が創設。19年4月より。
○1/21
民間職業紹介所の求人数34%増。企業の採用意欲高まる。厚労省調査。
○1/22
人材サービス各社、フリーター・ニートの活用強化。働く意欲を引き出す。
○1/24
人材サービス各社、定年控えた団塊に的。60歳以降も働きたい人が増加。

◆賃金、労働時間、労務管理関連
○1/16
賃上げ、一段と企業ごとに。業績の違いなどを反映し、企業・業種で差。
○1/18
人材派遣料金が二極化。未経験者の活用進む。
○1/23
生涯賃金格差は日本が最小。日米欧7カ国調査。内閣府。
○1/25
賃上げ率は1.89%止まり。株主還元優先の傾向。第一生命経済研が予測。

◆労働法関連
○1/17
労働時間規制除外法案、通常国会を断念。首相「国民理解得られず」。
○1/17
パートの労働条件、文章提示を義務化。違反に罰金。パートタイム労働法改正案。
○1/24
労働条件、就業規則で変更。労使交渉不要に。労働契約法案要綱で。
○1/24
求人の年齢制限禁止へ。努力義務を見直し。フリーターなどに就職の門戸広げる。
○1/25
残業代割り増し法案、単独で提出へ。政府方針。

◆医療・介護
○1/18
社保庁、医療費減額の通知漏れ9900件。03−05年度の政管健保。
○1/19
健保もパート加入拡大。厚生年金の適用に合わせて。
○1/25
地域密着型の介護サービス、導入予定業者は2割未満。国の思惑外れる。

◆年金
○1/16
基礎年金の国庫負担増、増税無しで対応を視野に。政府シナリオ。
○1/18
OBの年金削減、給付復活を検討。株価上昇で財政好転。東京織物厚年基金。
○1/21
確定拠出年金、キャノン、ヤマトも導入。資産残高は3兆円に。
○1/25
厚生年金、パートに適用表明へ。施政方針演説原案。
○1/25
確定拠出年金、企業型で条件緩和。掛金引き出し条件など


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【2】 お役立ち情報  最近の行政などからの発表から

    内容を確認するのはこちらからどうぞ
    http://www.hr-mirai.com/info_useful.html

◆1/25 雇用・能力開発協会
      平成19年度からの建設雇用改善助成金等の一部廃止について 

◆2/1  政府広報オンライン
      男女雇用機会均等法が改正されます

◆2/1  みずほ総研
     伸び悩む賃金の行方
     低賃金雇用増加の背景を探ります。

◆2/1  国立社会保障人口問題研究所
     合計特殊出生率の長期見通し
     日本の将来推計人口1.26に下方修正(平成18年12月推計)

◆2/1  東京労働局
     申告事件の受理状況の概要
     −景気は回復しているものの、賃金不払等の申告は依然として高水準−

◆2/2  経団連
      2006年度・新卒者採用に関するアンケート調査結果の概要
      特徴ある採用形態・手法を導入する企業が増加

    内容はこちらからどうぞ
    http://www.hr-mirai.com/info_useful.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【3】これが実態だ『首都圏版ズバリ!実在賃金』セミナー2007 のご案内

〜独自調査でわかった首都圏中小企業(東京、神奈川、埼玉、千葉)の賃金実態〜

「よその会社の賃金の相場を知りたい」と熱望される中小企業の経営者が多くおら
れます。弊社は厚生労働省や経営者協会、神奈川県で発表している統計データを参
考にし、その分析結果を経営者にお伝えしています。

しかし正直役所の発表するデータは実態を反映していないのではと違和感を覚えて
おりました。役所のデータは企業のモデル賃金の統計であり、平均値のみでは分布
が分からないためです。

そのため弊社は平成18年11月から共同で、5000人の賃金の生データを集めました。
5000人の賃金データは賃金台帳のデータそのもので、公的機関では為し得なかった
ものです。正に生データです。賃金コンサルタントだからこそ収集可能なデータで
す。それを執念で集めました。

多くの方のご協力をいただき集まった賃金データを、中小企業の経営者と日々接し
ている経験をもとにあらゆる角度で分析しました。

同じ地域の中小企業の賃金実態を知ることで、自社の会社の賃金水準が高いのか低
いのか、また社員一人ひとりについても高いのか低いのかがはっきりと分かります。
その結果、賃金の見直しは容易になります。

昇給をどうすればよいかも自然に見えてきます。優秀な人材を確保するには賃金を
どうするか、手が打てます。ベテラン社員の賃金が高いと感じている会社も、社内
バランスがとれる方法が見えてくるでしょう。

その成果を下記に発表します。

第7回人間力向上セミナー
◎これが実態だ 『首都圏版ズバリ!実在賃金』セミナー2007

開催日時:3月22日(木)  午後2時〜午後4時30分
開催場所:神奈川中小企業センター(JR関内駅北口5分、地下鉄関内駅1分)
参加費:お一人様10,500円

お問合せ・お申し込みはこちらまで。  
https://secure02.blue.shared-server.net/www.hr-mirai.com/postmail/form.html


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【4】編集後記 

先日中華街で家族と食事し、金沢区にあるコストコに行こうとしたところ大渋滞に
巻き込まれました。

おかしいな?
ここは流通団地なので休みの時は車が無い筈なのに、何処まで行っても渋滞はなく
なりません。

ようやく目的地近くになって原因判明!
近くのアウトレットモールでセールが始まったために、車が殺到しているためでし
た。お陰で普段は30分掛からないところが倍以上時間を要する羽目に。

景気がいいとは言うけれど、百貨店やスーパーの売上は悪いと聞きます。

でもこのお客の殺到振りはなんだ!チョッと異常な混み方です。

昨日は甲府のスーパーを視察に行きました。

地方にありながら、惣菜をメインに高品質な提供をしている地元スーパーに、お客
がワンサカ押しかけています。

普通こういう店舗では見かけない、若い客層も目立ちます。完全に地域の顧客の支
持を得ているなと感動して帰ってきました。

一方でかつては一世を風靡した別の企業の店舗では、次代に取り残された見るも無
残な姿を見て、ゾッと寒気を覚えてきました。

消費の2極化。

今ほど売る側の明確な姿勢が問われる時は無いなと思います。

-----------------------------------------------------------------------

◇◇ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状◇◇

このメールマガジンはこのメールマガジンは、私どもとお取引頂いている方の他、
荒木及び阿部と名刺交換等をさせて頂いた方々へ送らせていただいております。
今後このメールマガジンがご不要の場合は、お手数ですがinfo@hr-mirai.comまで
その旨ご連絡下さい。

ご意見お待ちしております。info@hr-mirai.comまで

-----------------------------------------------------------------------

編集発行責任者  株式会社ヒューマンリソースみらい
社会保険労務士事務所みらい
荒木 康之

-----------------------------------------------------------------------
□□□□□□□ 人間力は経営力
□■□□□■□ 231-0014 横浜市中区常磐町2-20
□■■□■■□ ヴェラハイツ関内405
□■□■□■□ ヒューマンリソース  TEL 045-650-4166
□■□□□■□ 社労士事務所TEL 045-650-4188
□■□□□■□ 両社共通  FAX 045-650-4199
□□□□□□□ ホームページ http://www.hr-mirai.com

-----------------------------------------------------------------------

 
このページのトップへ
   
お問合せ
[ ヒューマンリソースみらい ] TEL :横浜 045-650−4166
[ 社会保険労務士事務所  ]  TEL :横浜 045-650−4188
お電話でのお問い合わせはこちらから 045-650-4166 メールフォームでのお問合せはこちらから
人間力が会社を変える!
会社概要
荒木のプロフィール
メールマガジン