経営・人事コンサルタント 社会保険労務みらい 株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜 賃金 退職金 就業規則 人事労務コンサルタント

HOME会社紹介業務内容FAQセミナー・出版物リンクお問合せ採用情報





メールマガジン
   
横浜の小売業専門コンサルティング&社会保険労務士事務所の「みらい」が贈る
 

△▼△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ワクワクみらい通信 
    
                                       2012.11.12 vol.313



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

こんにちは、ヒューマンリソースみらいの荒木 康之です。
いつもメールマガジンをお読み頂き有難うございます!

協会けんぽより5年後までの保険料率の見通しが公表されました。

それによると、最大で11.5%になるそうです。

いまがほぼ10%ですから、15%負担が増えるということですね。

制度改正がない場合にはどうしてもこのような率になってしまうそうですが、
4年前の平成20年は8.2%だったことを考えると10年で実に4割増。

高齢化や医療の進歩など様々な要因が考えられますが、一人ひとりが今以上に
予防を心がけなくてはならなくなると、感じる数字です。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●トピックス

 【1】コンサル荒木のコラム「派遣と請負の違いとは1(シリーズ派遣法)」
 【2】セミナーのご案内
 【3】編集後記 


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  【1】コンサル荒木のコラム「派遣と請負の違いとは1(シリーズ派遣法)」

色々な場所でセミナーをさせて頂きますが、
今年よく話するテーマの一つが、今年行われた法改正の内容とその労務対策です。

今年改正された法律は、労働者派遣法、労働契約法、高齢者の雇用の安定に関す
る法律(高齢者雇用安定法)です。

これらは単に非正規雇用の労務問題とするよりも、非常に広範囲に影響を及ぼし、
これからの働き方を考える大きな契機になると感じます。

そこでこれから当面の間、これらの法律について、基本的な部分の解説をシリー
ズで行なっていこうと思っています。


まず最初は労働者派遣法についてです。

労働者派遣法は数年にわたって国会で議論されてきましたが、大幅な法案の修正
を受けながらも、今年の4月に改正されました。

改正点は多岐にわたっており、既に多くはこの10月1日から施行されています。

実は実務面で考えると、派遣法については基本的な部分から理解が不足している
と思ってしまう点が沢山存在しています。

そこで先日厚生労働省から修正公表された「労働者派遣事業関係業務取扱要領」
を元にして、派遣法について一緒に勉強してみましょう。

まず最初に考えたいのは、雇用契約を結んでいる事業所と、働いている場所が違
っているようなケースはどういったものがあるかということです。

通常の雇用契約では
   会社(甲)  と  労働者 が
直接「雇用契約」を結び、甲の「指揮命令」のもとで働きます。

甲と労働者との間に「雇用契約」と「指揮命令」の両方があります。

解りやすく言えば、
いつどこでどうやって働いて、幾らの賃金を支払う、ということと(雇用契約)、
誰の指示を指示を受けて仕事をするのか(指揮命令)が同じところで行われます。


ところが派遣の場合は違います。

会社(甲)と雇用契約を結ぶ労働者を、別の会社(乙)の指揮命令を受けて、
乙の為に働かせることになります。

労働者にとっては「雇用契約する会社(甲)=派遣元」と「働く会社(乙)=
派遣先」の2つがあることになります。


似たようなケースとしては「請負」や「出向」がありますが、
特に請負と派遣は実務においては良く出て誤解されやすく問題となります。

請負も雇用契約する会社(甲)があり、働く場所が甲とは違って別の会社(乙)
であることは派遣と一緒です。

しかし、請負の場合は、直接の指揮命令は甲からなされ、乙からの直接指示は
受けることがありません。

ここが決定的な違いなんですが、そうは言ってもケースによっては判断が微妙に
なってきますので、次号からケース別に派遣と請負の違いについて見てみます。


ちなみに出向ですが、これは一人の労働者が、2つの会社と雇用契約関係にあり、
指揮命令に関しては出向先の会社から受ける、在籍型出向が一般的です。

今日の話は本当は図解して説明したほうが分かりやすいのですが、メルマガなの
で文字だけでの説明となりました。

なかなか難しいものです。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【2】 セミナーのご案内


この時期に是非聞いておきたい賃金セミナーです。

 ■□効果的な利益配分を実現する!賞与制度の見直し方セミナー
   ・日 時   11月15日(木) 14:00〜16:30
   ・会 場   公益社団法人横浜中法人会 税経研修センター
   ・受講料   10,000円(二人目以降は5000円)
   ・対象者   経営者・担当役員 
   ・定 員   30名
   ・講 師   中山 貴義  
            社会保険労務士 
            ヒューマンリソースみらい チーフコンサルタント

ご興味のある方は下記をクリックしてください。
http://www.hr-mirai.com/seminar_public_2012.html#seminar121115

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【3】編集後記

先週の9日金曜日には社会保険労務士試験の合格発表がありました。

当事務所でもスタッフの一條さんが受験していましたので、合格発表を心待ちに
していました。

彼女は合格間違いなしという触れ込みで入所してきたので、
「不合格なら解雇かな?」などと冗談を言いながららこの日をまっていました。

当日彼女の出勤時間、どんな様子で事務所に入ってくるかと見ていると、
どうも様子がオカシイ、表情がすぐれません。

泣きそうな顔しながら
「官報に私の番号が無いんです( ゚ρ゚ )アゥー」

「嘘だろ、どれどれ〜・・・・・・・・・」
と私も一緒にパソコンで官報を確認します。




すると私の耳元で
「有ったぁぁぁぁぁぁ(^O^)/」と大きな声と共に泣き崩れる彼女。

もうそれからは歓喜で涙がボロボロ。
目の前で凄いドラマを共有した一瞬でした。


【ワクワクみらい通信】vol313はいかがでしたか。



ご感想などございましたら、お気軽にメールして下さい。
これからも「ワクワクみらい通信」をよろしくお願い申し上げます。

今日もお読み頂きありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------

◇◇ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状◇◇

          ご意見お待ちしております。info@hr-mirai.com まで

-------------------------------------------------------------------------

         編集発行責任者  株式会社ヒューマンリソースみらい
                     社会保険労務士事務所みらい
                     荒木 康之
-------------------------------------------------------------------------
           □□□□□□□  人間力は経営力
           □■□□□■□  231-0014 横浜市中区常磐町2-20
           □■■□■■□        ヴェラハイツ関内405
           □■□■□■□  ヒューマンリソース TEL 045-650-4166
           □■□□□■□  社労士事務所    TEL 045-650-4188
           □■□□□■□  両社共通       FAX 045-650-4199
           □□□□□□□  ホームページ http://www.hr-mirai.com
-------------------------------------------------------------------------

   
 
このページのトップへ
   
お問合せ
[ ヒューマンリソースみらい ] TEL :横浜 045-650−4166
[ 社会保険労務士事務所  ]  TEL :横浜 045-650−4188
お電話でのお問い合わせはこちらから 045-650-4166 メールフォームでのお問合せはこちらから
人間力が会社を変える!
会社概要
荒木のプロフィール
メールマガジン