経営・人事コンサルタント 社会保険労務みらい 株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜 賃金 退職金 就業規則 人事労務コンサルタント

HOME会社紹介業務内容FAQセミナー・出版物リンクお問合せ採用情報





メールマガジン
   
横浜の小売業専門コンサルティング&社会保険労務士事務所の「みらい」が贈る
 

△▼△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ワクワクみらい通信 
    
                                        2011.05.30 vol.241

   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

こんにちは。ヒューマンリソースみらいの荒木 康之です。
いつもメルマガをお読み頂きありがとうございます。

先日の日経新聞で、自動車メーカーの業績について同じ日に2つの報道がありま
した。

「自動車国内生産、4月は6割減。鈴木が首位に」
「自動車国内生産が急回復。前年の9割800万台へ」の2つです。

また別に日にはこんな記事が。
「自工会、節電対策で7─9月は木・金曜日を工場の休日に」

生産は急回復する見通しだけど、節電で変則的な生産体制になってしまう。

自動車は製造業の15%も占めると言われていますので、
他業種含めて大変に影響が大きくなるでしょう。

労務管理体制をしっかり備えていく必要がありそうです。
そんな時に是非聞いていただきたいセミナーはこちら。

https://i-magazine.jp/bm/p/aa/fw.php?i=mirai&c=10&n=__no__




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●トピックス  
 【1】コンサル荒木のコラム
 「変形労働時間と定型時間制を組み合わせ出来るか」
  【2】セミナーのご案内
 【3】編集後記

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【1】コンサル荒木のコラム「変形労働時間と定型時間制を組み合わせ出来るか」

前回5/16では、一年単位の変形労働時間制(以下一年変形)の労使協定の内容に
ついてお話しました。
https://i-magazine.jp/bm/p/aa/fw.php?i=mirai&c=11&n=__no__

労使協定の内容を理解すると、一年変形の概要を押さえることが出来ますので、
先回見逃した方は是非ご覧くださいね。

今日は一ヵ月単位や一年単位の変形労働時間制と、通常の定型時間性を組み合わ
せた勤務体制が可能かどうか考えたいと思います。


というのも、節電対策が急がれています。

私の関与先にも、東京電力から契約電力を15%下げるように協力を求める文書
が届いており、勤務体制の見直しを急がなければならない企業が非常に多いと思
われるからです。

今までは定型の時間制を採用して、8時から17時までのシフトにて、年間カレ
ンダーで休日を設定する体制をとっていた企業においても、この夏の節電では、
休日の変更や所定労働時間の変更など余儀なくされるでしょう。

そんな場合には、秋以降に生産が急回復して大増産体制になっていくことも予測
のうえで勤務体制を敷かなければなりません。

定型勤務の体制だけでは、所定労働時間を減らすことが即賃金の減額に結びつい
てしまったり、秋以降の増産時には時間外勤務による割増賃金の問題が経営を圧
迫するなどの問題が発生します。


従業員さんにとっても賃金が一時的に減ってしまうのは困ることだし、
企業にとってもその後割増賃金で負担が増えるのは嫌ですよね。


出来たら期間を限定して、変形労働時間制を導入できないかと考えてみたくなり
ますが、法律はどうなっているのでしょうか?


結論は可能です!

全然問題なく導入できます。
ただし、導入の際は一ヵ月単位、一年変形それぞれに、法定に手続をすることが
最低条件です。


この問題は今回の震災だけでなく、通常の年においても、特に業務が集中する繁
忙期には一ヵ月変形を、他の比較的長い期間の繁忙期には一年変形を、その他の
時期には1日8時間週40時間の定型的な労働時間にて組み合わせることは、ま
ったく違法ではありません。

これについては通達にもこのように表されています。


「一年単位の変形労働時間制を採用する場合、労使協定において変形制を適用す
る時期と適用しない時期をあらかじめ定め、適用することは差し支えないか」

との問いに対して、
「見解の通り」として、問題無しとしています。(昭63.3.14基発150号)


明後日のセミナーでもこの点を重点的にお話しする予定です。
お時間がある方は是非ご参加ください!




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


【2】 セミナーのご案内

◆横浜商工会議所主催セミナー

〜東日本大震災〜
    『緊急労務対策セミナー』

3月11日に発生した東日本大震災により、当地横浜においても
生産調整や休業等企業活動の停滞は、製造業のみならず様々な分野に及んでおります。
一刻も早い企業経営の健全化に向けて、今こそ経営戦略の1つである労務管理に関し、
先を見据えた早急な対応が不可欠であります。
そこで、緊急労務対策セミナーを開催しますので、この機会に是非ご覧ください。


日時:平成23年6月1日(水)  14:00〜17:00
場所:横浜シンポジア
     横浜市中区山下町2番地  産業貿易センタービル9階
講師:荒木 康之  株式会社ヒューマンリソースみらい 代表取締役
主催:横浜商工会議所
参加費:無料

詳しいご案内はこちらをご覧下さい
https://i-magazine.jp/bm/p/aa/fw.php?i=mirai&c=4&n=__no__


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【3】編集後記

今年は5月中に梅雨入りしましたね。

おかげで週末に予定していた娘の運動会ですが、
土曜日も日曜日も流れてしまいました。

予備日は火曜日なので、明日雨が降らなかったら実施の予定です。
残念ながらそれでは私は見にいけません。

娘としては、パパに来て貰いたくて不満タップリ。

明日火曜日がもし中止なら、4日土曜日に開催とか。
それなら私も見に行けます。

ベランダにあったてるてる坊主を逆さにしようか考え中です(^_^;)


【ワクワクみらい通信】vol.241はいかがでしたか。





ご感想などございましたら、お気軽にメールして下さい。
これからも「ワクワクみらい通信」をよろしくお願い申し上げます。

今日もお読み頂きありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------

◇◇ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状◇◇

          ご意見お待ちしております。info@hr-mirai.com まで

-------------------------------------------------------------------------

         編集発行責任者  株式会社ヒューマンリソースみらい
                     社会保険労務士事務所みらい
                     荒木 康之
-------------------------------------------------------------------------
           □□□□□□□  人間力は経営力
           □■□□□■□  231-0014 横浜市中区常磐町2-20
           □■■□■■□        ヴェラハイツ関内405
           □■□■□■□  ヒューマンリソース TEL 045-650-4166
           □■□□□■□  社労士事務所    TEL 045-650-4188
           □■□□□■□  両社共通       FAX 045-650-4199
           □□□□□□□  ホームページ http://www.hr-mirai.com
-------------------------------------------------------------------------

   
 
このページのトップへ
   
お問合せ
[ ヒューマンリソースみらい ] TEL :横浜 045-650−4166
[ 社会保険労務士事務所  ]  TEL :横浜 045-650−4188
お電話でのお問い合わせはこちらから 045-650-4166 メールフォームでのお問合せはこちらから
人間力が会社を変える!
会社概要
荒木のプロフィール
メールマガジン