経営・人事コンサルタント 社会保険労務みらい 株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜 賃金 退職金 人事労務コンサルタント

HOME会社紹介業務内容FAQセミナー・出版物リンクお問合せ採用情報





メールマガジン
   
横浜の小売業専門コンサルティング&社会保険労務士事務所の「みらい」が贈る
 

△▼△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ワクワクみらい通信 
    
                              2010.01.25 vol.174
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

こんにちは。ヒューマンリソースみらいの荒木 康之です。
いつもこのメルマガをお読み頂きありがとうございます。

ちょっと前まで横須賀に居住していた縁で、LEAP(リープ)という、横須賀
地域の活性化のお手伝いをする活動に参加しています。

税理士、司法書士、行政書士、中小企業診断士と合同で、月に一度、無料でセミ
ナーと相談会を実施して丸2年になります。

2月16日は2周年を記念し、吉田横須賀市長をお招きし、ディスカッションを
開催いたします。

私が行う社会保険料の節減対策セミナーもあります。

参加は企業経営者と経営幹部限定ですが、ぜひご参加をお待ちしております。

詳細は本文内の『セミナーのご案内』をご覧ください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●トピックス

   【1】1月前半の新聞等の情報から気になる内容をピックアップ
   【2】お役立ち情報
   【3】セミナーのご案内 
   【3】編集後記 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【1】 1月前半の新聞等の記事から気になる内容をピックアップ!

◆日本経済
○1/1
出生数再び減少。人口減過去最大の最大75000人。09年人口動態統計。厚労省。
○1/14
昨年の倒産、4年ぶり減。上場企業、戦後3位の20社。東京商工リサーチ。

◆雇用・採用
○1/5
非正規社員の雇用対策で組織新設。今夏をめどに。厚労省。
○1/6
家電販売のノジマ、販売実習で新卒選考。柔軟な採用で即戦力に期待。
○1/11
厚労省の求職者支援、家賃融資1年で1万件超。3割が東海3県。
○1/11
就職希望企業、大手商社に人気。環境事業などに注目。採用支援のギジネス調べ。
○1/11
来春へ就活はや本格化。説明会2分で満席。氷河期ほどは採用減らない見通し。
○1/15
大卒内定率、前年比7.4P減の73%と過去最低。高校生も68.1%で1割減。

◆賃金・賞与
○1/14
所定内給与、39都道府県で減少。企業収益の低迷響く。09年6月時点調査。厚労省。

◆労働時間・労務管理
○1/6
NTTデータ、間接業務、中国に移管。給与管理コスト半減。
○1/11
中小企業向け、心の健康相談。経営者や家族も。ダイヤルサービス。

◆労働法関連
○1/7
求職者へ生活費を支給する求職者支援法案、通常国会見送り。厚労相方針。
○1/11
派遣規制強化、問われる企業。非正規・正社員の壁崩すとき。

◆医療・介護
○1/7
18の国保組合、入院医療費無料。多額の補助、過大な給付。厚労相07年調査。
○1/12
高齢者医療、65歳以上は国保に加入。現世代と別勘定で。厚労省素案。

◆その他
○1/4
子育て政策、財源を統合。保育所運営や育児休業給付。制度間の連携強化。
○1/4
人材派遣各社、派遣以外に軸足。請負・受託型サービスに移行。
○1/5
上場企業の「独立役員」制度、2010年開始。利害関係のない社外取締役など。
○1/11
中堅の年齢別研修拡充。同世代の連帯感醸成。三菱電機。
○1/14
子供手当て、まず市区町村に書類提出。9月末までに出せば4月分から受給。
○1/15
配偶者控除廃止なら、税負担増。子供手当や高校授業料無料化で。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【2】 お役立ち情報  最近の行政などからの発表から

内容を確認するのはこちらからどうぞ
http://www.hr-mirai.com/info_useful_2010.html

◆1/6 インテリジェンス
2010年採用・人材育成に関する意識調査─従業員の採用・育成に関する関心事のトップ3
より良い人材を採る方法、人件費、従業員全体のモチベーションアップの順

◆1/08 日経HR
2009年度版 メーカー技術者が選ぶ「働いてみたい」企業ランキング
パナソニックがトップ。2位ホンダ、3位ソニー。

◆1/13 日本生産性本部
コア人材としての女性社員育成に関する調査
管理職の意識改革には、経営者からのメッセージと女性管理職の増加が効果的

◆1/15 産業能率大学
2010年の中小企業の経営施策
「利益率の向上」・「営業力の強化」・「従業員の全体的な育成」

◆1/18 愛知労働局
雇用調整助成金(中小企業緊急雇用安定助成金)手続きについて
1年を経過し、引続き申請する場合は3つのケース。

◆1/18 第一生命経済研究所
失業率の低下トレンド定着にはなお時間
非労働力化の巻き戻し、中小企業の雇用創出力の観点から

◆1/19 みずほ総合研究所
労働者派遣法改正の問題点
雇用が一層不安定となる可能性も

◆1/19 東京商工リサーチ
2009年 主な上場企業 希望・早期退職者募集状況
募集企業は調査開始以来2番目に多い191社。募集人数は、2万2,950人にのぼる。


内容はこちらからどうぞ
http://www.hr-mirai.com/info_useful_2010.html




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【3】 セミナーのお知らせ

◆◆当社主催セミナー◆◆

『トラブルを起こさないための就業規則セミナー』


   ・日 時 :1月26日(水) 13:30〜17:00
   ・会 場 :神奈川中小企業センター (JR関内駅北口5分 地下鉄関内駅1分)
   ・講 師 :荒木 康之(ヒューマンリソースみらい代表取締役) 
   ・参加費 :お一人様21,000円 二人目からは10,500円(税込み)


「就業規則はどこも一緒だろう?」
「大企業の就業規則を借りて作った」という中小企業が多いですね。

或いは市販されている就業規則の「ひながた」を買って、空欄を埋めて作ったと
いう会社も沢山あります。

大企業の就業規則や販売されている就業規則の「ひながた」は、労働基準法を守る
ことに視点を置いたもので、中小企業ならではの会社経営の視点が欠落しています。

中小企業の経営にぴったりマッチした実践的な視点で、そしてまじめな社員が安心
して働ける明るい職場作りという視点で、就業規則を見直してみませんか。

たとえば、突然退職し、引継ぎをろくにしない社員、健康保険証を返さない社員、
離職票にハンコを押さない社員、有給休暇を全部消化してやめる社員を称して
「けしからん退職者」といいます。

このような「けしからん退職者」に対抗する就業規則を作るのです。

就業規則を会社を経営する視点で考えると、改善すべき箇所がたくさんあります。
それを労働基準法との関連を分かりやすく解説しながらじっくりとお話します。

>>参加特典が満載の詳しい内容と申し込みはこちらから
        http://www.hr-mirai.com/seminar_public_2010.html

------------------------------------------------------------------------

◆◆LEAP主催・(財)横須賀市産業振興財団後援◆◆

(~o~)吉田横須賀市長がやってくる(~o~)

☆LEAP2周年記念事業☆

セミナー「社会保険料の賢い節減の仕方〜知らないとMOTTAINAI〜」と
吉田市長・経営者・LEAPとのディスカッション〜横須賀経済の未来に向けて〜


横須賀地区で活動する「士業」の有志が中小企業を様々な面からサポートする
プロジェクトチーム「LEAP(リープ)」の活動も、2月で2周年を迎えます。

  ・日 時  2月16日(火)午後3時〜午後6時
  ・会 場  横須賀市産業交流プラザ(京急汐入駅前「横須賀芸術劇場」3階)
  ・講 師  荒木 康之 (社会保険労務士) 
  ・定 員  40名(先着順)
  ・対 象  中小企業の経営者、経営幹部限定
  ・参加費  無料

経済環境が悪化している中、企業においては1円でも経費を削減したいところです。
経費の中でも最大は人件費。
なかでも法定福利費は年々上昇し、負担に苦しむ経営者が多くいます。

給与が同じ額でも社会保険料は毎年上がるからです。
一方で社会保険料の節減の対策を取らないでいる企業が大半です。

前半のセミナーでは、合法的な方法で社会保険料を節減し、負担を軽くする方法を
ご提案します。

後半のLEAP2周年特別企画事業では吉田横須賀市長をお招きし、経営者とLEAPメンバ
ーを交え、横須賀経済の未来に向けた懇談をディスカッション形式で行います。

ご興味のある方には詳しい案内を送ります。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【4】編集後記

私が横須賀の地に住んだのは2001年から2008年までの8年間ですが、今も両親が
住んでいるので毎週のように週末は横須賀に行きます。

横須賀というと米軍基地やヤンキーというイメージで語られることが多いのです
が、私が住んでいた久里浜地区はそれとはまた違った、のんびりした、生活のし
やすい場所です。

空気がきれいで温暖なこの地が大好きで、いずれはまたこの地に住みたいと願っ
ています。

産業では、自動車産業や造船、基地関連などの旧来型の産業の象徴地域として語
られることの多い横須賀です。

一方で、これからの日本の成長戦略である、「環境・観光・健康」には最適な地
域の一つだと確信します。

でも確信するだけでは何も始まらないんですね。

既存の企業も、事業を起こす人も、市民も、行政も、みんな一体になって、自ら
が新しい横須賀を作っていく活動を自律的に行うことが肝心だと思います。

そんな思いで横須賀の街づくりにLEAPとして参加しています。

ぜひ皆さんもこの機会に、2/16のLEAPにご参加ください。

【ワクワクみらい通信】vol.174はいかがでしたか。

ご感想などございましたら、お気軽にメールして下さい。
これからも「ワクワクみらい通信を」よろしくお願い申し上げます。

今日もお読み頂きありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------

◇◇ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状◇◇

          ご意見お待ちしております。info@hr-mirai.com まで

-------------------------------------------------------------------------

         編集発行責任者  株式会社ヒューマンリソースみらい
                     社会保険労務士事務所みらい
                     荒木 康之
-------------------------------------------------------------------------
           □□□□□□□  人間力は経営力
           □■□□□■□  231-0014 横浜市中区常磐町2-20
           □■■□■■□        ヴェラハイツ関内405
           □■□■□■□  ヒューマンリソース TEL 045-650-4166
           □■□□□■□  社労士事務所    TEL 045-650-4188
           □■□□□■□  両社共通       FAX 045-650-4199
           □□□□□□□  ホームページ http://www.hr-mirai.com
-------------------------------------------------------------------------

   
 
このページのトップへ
   
お問合せ
[ ヒューマンリソースみらい ] TEL :横浜 045-650−4166
[ 社会保険労務士事務所  ]  TEL :横浜 045-650−4188
お電話でのお問い合わせはこちらから 045-650-4166 メールフォームでのお問合せはこちらから
人間力が会社を変える!
会社概要
荒木のプロフィール
メールマガジン