経営・人事コンサルタント 社会保険労務みらい 株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜 賃金 退職金 人事労務コンサルタント

HOME会社紹介業務内容FAQセミナー・出版物リンクお問合せ採用情報





メールマガジン
   
横浜の小売業専門コンサルティング&社会保険労務士事務所の「みらい」が贈る
 

△▼△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ワクワクみらい通信 
    
                             2009.05.18 vol.141      

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

こんにちは。ヒューマンリソースみらいの荒木 康之です。
いつもこのメルマガをお読み頂きありがとうございます。

新型インフルエンザの状況が毎週変化してきています。

先週末にはいよいよ関西地区で感染拡大の傾向のようです。

学校関係が休校になった他、行員が感染した三菱東京UFJ銀行三宮支店では、
支店従業員全員を自宅待機させているようです。

落ち着くまでは当分予断を許さない状況で、業務に多大な影響が出そうです。

まずはマスクと手洗い・うがいの徹底で予防ですね。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●トピックス
  
   【1】コンサル荒木の独り言
   【2】セミナーのご案内1・2
   【3】編集後記

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


【1】  コンサル荒木の独り言
      『出産や育児休業時の社会保険料』


今いっときは、経済の逆風が吹いていますが、中長期的なトレンドからいえば、
女性が働きやすい環境を整備することが、会社経営のためにも必要な時代です。

労働法や社会保険においても、様々な女性への対応が見られますが、各制度を横
断的に把握しないと非常に難しいことがあり、知らないで損をしていることが多
く見受けられます。

実務上で時々お問い合わせいただくのが、出産や育児休業時における社会保険料
はいくらになるかということです。

今回はこの点について取り上げてみます。

○出産時の社会保険料
出産時には、産前に6週間、産後には8週間の休業を取得できます。

その際の賃金は無給とする事業所が殆どです。

しかしこの間について社会保険料は発生しますので、会社も従業員にも保険料の
負担が生じます。

その金額は出産前の社会保険料が、そのまま適用になります。

実際には出産のために賃金が発生しないので、会社が一時的に立て替えることに
なり、一方で出産手当金が賃金額の約3分の2が健康保険から支給されるので、
後からの精算が必要になります。


○育児休業時の社会保険料
出産後、産後休業から引き続いて1年間の育児休業を取得する方が増えてきてお
ります。

育児介護休業法では1歳に満たない子を養育する場合には、育児休業を取得でき
るんですね。

その際には雇用保険から、雇用継続給付として休業前の賃金の50%が本人に支給
されることになっています。

育児休業期間中の賃金を無給とする場合は、その際の雇用保険料は掛かりません。

問題は社会保険料です。

社会保険は、休業中も健康保険に掛かることがありますし、年金の積立も無いと
困りますよね。

この場合は、申請により健康保険料・厚生年金保険料が免除となるんです。

免除ですから、健康保険からの給付は問題なく受けられますし、年金も休業前の
標準報酬月額の金額で積立しているイメージになります。

収入は雇用継続給付から半額支給となってしまうのですが、社会保険料が免除さ
れることでこの効果は大きいんじゃないでしょうか。

ただ雇用保険と社会保険の両方で手続が必要になるので、事前に良く知っておか
ないと請求を忘れてしまいますのでご注意を。


○育児休業後の社会保険料
育児休業後に仕事に復帰するのですが、正社員からパート社員や短時間正社員に
なる例が多くあろうかと思います。

労働条件が変わるために賃金額を変更する場合、社会保険料はいつから変わるの
でしょうか?

この場合は、復帰した日が属する月のから3ヶ月間の賃金の総額を平均して、保
険料を算定します。

実際に変更になった保険料を徴収するのは、4ヵ月後からになるのでお気をつけ
下さい。

通常において賃金が変更になった時に行う随時改定と、時期については同じです
が、要件が緩和されていると理解してください。

ですから復帰してから3ヶ月間は、休業前の保険料をそのまま支払うことになっ
ております。

復帰した月から変更したいところでしょうが、ここは気をつけてくださいね。




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【2】 セミナーのお知らせ

1.当社主催
   ◎今見直すべき『人件費節減』の要点セミナー

   ・開催日時:5月26日(火) 14:00〜16:30

   ・会 場 :神奈川中小企業センター (JR関内駅北口5分 地下鉄関内駅1分)

   ・講 師 :社会保険労務士  阿部 毅
         (ヒューマンリソースみらい専務取締役) 

   ・参加費 :お一人様16,800円 二人目からは8,400円(税込み)


現在の厳しい経済情勢の下で、企業を巡る環境も厳しさを増している状態にあり、
中小企業の経営はいまピンチを迎えています。

やむなく労働条件の引下げや希望退職者の募集・解雇などの雇用調整や、残業カッ
ト・賞与の支給引下げ・賃下げなど『人件費の見直し』を行わざるを得ないとする
企業もみられます。

このような時だからこそ『人件費の見直し』が不可欠ですが、従業員のやる気を阻
害することをためらってはいませんか。

人件費の何をどのように節減すればよいか?社内で検討することもできず、なかな
か進まないケースも多いのが実情です。

当セミナーでは、その気になりさえすればスグできる「1万円単位」の人件費節減
策をはじめ、経営が厳しい時だからこそ取り組むべき改革としての人件費節減秘策
集をお伝えします。

また、間違えやすい削り方や、やってはいけない削減策についてもお伝えします。

このセミナーの参加により、人件費の適正化に向けて何をすべきか?何をすべきで
ないか?具体的な内容が明確になります。

セミナーを通じて、不況というピンチをチャンスに変えていきましょう。


●セミナーにご参加いただいた方への特典
1.無料相談を承ります(1回に限らせていただきます)。
2.セミナーで使用した書式・ひな型を無料で進呈。
3.賃金水準を無料にて診断します。
4.「みらい」特製の実務CD(時価8,000円)を無料で贈呈します。
   今回は「36協定と一年変形の実務」をお届けいたします。

セミナーにご興味のある方は、このメールへの返信にてお問い合わせ下さい。

-----------------------------------------------------------------------

2.LEAP主催・(財)横須賀市産業振興財団後援

    不況でも伸びる会社はここが違う!
      「経営改善策を立てて実行する方法」セミナーと合同経営相談会


当社は横須賀・湘南地区で活動・居住する「士業」の若手有志が中小企業を様々
な面からサポートするプロジェクトチーム「LEAP(リープ)」の活動に参加
し、月に一度のセミナーと経営相談会を無料で実施しております。

厳しい経営環境の中で今必要なことは、経営の基礎知識をあらためて再認識し、
それを活用することです。

今回は経営改善策を立てて実行する具体的な方法を中小企業診断士がお伝えしま
す。

わが社の強みはどこにあるか?
どうすれば企業価値を高めて収益力の向上を図れるか?

事例を交えて不況でも伸びる会社への道筋が分かります。ご期待ください。

後半の相談会では、講師の中小企業診断士のほか、税理士、社会保険労務士、司
法書士、行政書士など企業経営に関する国家資格を有する専門家集団が、テーマ
別に分かれた座談会形式で法律、登記、官公庁への申請、年金、労働問題、会計、
金融、事業承継など経営の様々な相談に対応します。



  ・日 時  5月21日(木)午後2時〜午後5時

  ・会 場  横須賀市産業交流プラザ(京急汐入駅前「横須賀芸術劇場」3階)

  ・講 師  中小企業診断士  堀込 孝繁
                
  ・定 員  50名(先着順)

  ・対 象  中小企業の経営幹部、創業をお考えの方

  ・費 用  無料

ご興味のある方はメールにて当方へお問合せ下さい。
参加申込書を送ります。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【3】編集後記

エコカー減税だとか、エコポイントとか、経済対策とやらで政府がばら撒きして
くれます。

わが家の自家用車もあと一年で13年を経過することに。

そろそろ考えようかなって思っていたところでしたが、少なくても一年は購入先
延ばしが決定。

まあ、今のは気に入っているし、まだ十分に走れるので無理して変えること無い
なって思っています。

それにしても今どきの車にドキドキするような車ってないですよね。


【ワクワクみらい通信】vol.141はいかがでしたか。

ご感想などございましたら、お気軽にメールして下さい。
これからも「みらい」への招待状をよろしくお願い申し上げます。

今日もお読み頂きありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------

◇◇ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状◇◇

          ご意見お待ちしております。info@hr-mirai.com まで

-------------------------------------------------------------------------

         編集発行責任者  株式会社ヒューマンリソースみらい
                     社会保険労務士事務所みらい
                     荒木 康之
-------------------------------------------------------------------------
           □□□□□□□ 人間力は経営力
           □■□□□■□ 231-0014 横浜市中区常磐町2-20
           □■■□■■□        ヴェラハイツ関内405
           □■□■□■□  ヒューマンリソース TEL 045-650-4166
           □■□□□■□  社労士事務所    TEL 045-650-4188
           □■□□□■□  両社共通       FAX 045-650-4199
           □□□□□□□  ホームページ http://www.hr-mirai.com
-------------------------------------------------------------------------

   
 
このページのトップへ
   
お問合せ
[ ヒューマンリソースみらい ] TEL :横浜 045-650−4166
[ 社会保険労務士事務所  ]  TEL :横浜 045-650−4188
お電話でのお問い合わせはこちらから 045-650-4166 メールフォームでのお問合せはこちらから
人間力が会社を変える!
会社概要
荒木のプロフィール
メールマガジン