経営・人事コンサルタント 社会保険労務みらい 株式会社ヒューマンリソースみらい

横浜 賃金 退職金 人事労務コンサルタント

HOME会社紹介業務内容FAQセミナー・出版物リンクお問合せ採用情報





メールマガジン
   
横浜の小売業専門コンサルティング&社会保険労務士事務所の「みらい」が贈る
 

△▼△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状
    
                             2007.12.18 vol.73

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

こんにちは。ヒューマンリソースみらいの荒木 康之です。
いつもこのメルマガをご購読頂きありがとうございます。

ちょうど今が賞与の支給時期ですね。

どうらや今回の賞与に関しては、前年を下回る支給内容が多そうですが、皆さん
の会社ではいかがでしょうか。

賞与を支給したときは、「賞与支払届」を5日以内に社会保険事務所(健康保険組
合に加入している場合は健康保険組合)へ届け出ることになっています。

今年の4月より、健康保険において標準賞与額の上限が変わり、1回当たりから年
度累計となりました。

これにより、年度累計額が540万円を超えた場合の取扱いが非常に複雑になって
いますのでご注意下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●トピックス

   【1】12月前半の新聞等の情報から気になる内容をピックアップ
   【2】お役立ち情報
   【3】セミナーのお知らせ
   【4】編集後記 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


 【1】 12月前半の新聞等の記事から気になる内容をピックアップ! 

◆日本経済
○12/14
冬のボーナス3年連続最高。自動車・鉄鋼は減少。日本経団連調査。

◆小売・外食
○12/5
11月百貨店・専門店、冬物衣料品販売軒並み前年割れ
○12/5
外食向け採用コンサル事業開始。採用人事のミスマッチ防止。リンク・ワン。
○12/12
外食産業のM&A加速。市場収縮、後継者難も背景。
○11/27
外食売上に減速感。10月の既存店2.1%減。消費者心理に冷え込み。
○11/28
コンビニ、ファミレス。省エネ義務付け。経産省が法改正目指す。

◆雇用
○12/6
請負労働者を直接雇用。労働局の指導に対応。ダイキン工業。
○12/7
三井住友銀行、派遣社員2000人を正社員に。一般職廃止、管理職に道。
○12/8
大学3年囲い込み加熱。新卒採用セミナーが様変わり。業界研究や就活指南。
○12/11
神奈川県内の中小企業、正社員確保困難6割。大企業志向の中で中小は苦戦。
○12/13
ジョブカード計画まとまる。フリーター向け職業訓練制度。

◆賃金・労働時間・労務管理
○12/7
3年連続で賃上げへ。人手不足で強気に。労組執行部案。
○12/7
再雇用社員の賃金を10%上げ。製造現場に繁忙間。三菱重工業。
○12/8
冬のボーナス5%増。民間は減だが公務員が大幅増加。川崎信金調査。
○12/11
企業の体力に応じて賃上げ。経団連会長の春闘見解。
○12/13
冬ボーナス日経集計。中小含む全産業マイナスの見方。

◆労働法関連
○12/1
トヨタ社員休止は労災。年金不支給取り消し。名古屋地裁。
○12/1
生活保護4年ぶり減額。引き下げ幅が焦点。厚労省年内メドに決定。

◆医療・介護
○12/5・7
企業健保、政管健保の肩代わり750億円に。共済組合は250億円。
○12/11
政管健保の肩代わり、国保組合は30億円。

◆年金
○12/4
社会保障カードは年金・医療・介護がまず対象。社会保障番号は先送り。
○12/5
厚生年金特例法案が衆院通過。未納企業の従業員向け。救済対象は5000件。
○12/7
公的年金の市場運用、利回りマイナス1.8%。サブプライム響く。
○12/9
社会保障費、消費税が中核財源に。増税へ地ならし。自民税調。
○12/11
年金の加入履歴通知、まず1000万人。特別便17日から発送。
○12/11
住民税を年金から天引き。09年10月分から。政府方針。
○12/11
日本版401K、労使拠出に賛成38%。企業年金連合会アンケート調査。
○12/12
年金、年度内解決を撤回。名寄せ難航5000万件中1975万件。945万件は不可能。
○12/13
厚生年金特例法案が成立。半数今日の6000件救済へ。
○12/13
消費税を社会保障の主要な財源に。与党の来年度税制改正大綱。
○12/14
名寄せ難航の1975万件、紙台帳での訂正可能。年金記録検証委員座長。
○12/14
基礎年金国庫負担、1356億円引き上げ。来年度、自公幹事長が合意。
○12/14
学生の年金保険料猶予手続き、大学窓口で可能に。未納を防ぐ。来年度から。

◆その他
○12/3
中小企業の事業承継支援、自社株全て相続可能に。家裁認可などを条件に。政府。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


【2】 お役立ち情報  最近の行政などからの発表から

内容を確認するのはこちらからどうぞ   http://www.hr-mirai.com/info_useful_2007.html

◆11/30 厚労省
各都道府県労働局実施の無料相談ダイヤル(11月23日)の相談受理結果
相談のあった業種は商業が165件と最も多く、次いで製造業が162件

◆12/6 東京労働局
外国人雇用状況の届出について
外国人労働者を雇用する全ての事業主はハローワークに届出が義務付けされています

◆12/6 厚労省
労働経済動向調査(平成19年11月)結果の概況
正社員、パート共に不足感が続いています

◆12/6 ダイキン工業
堺製作所における請負労働者の直接雇用化について
製造現場の請負労働者数488名全員を平成20年3月1日より直接雇用化します


内容はこちらからどうぞ  http://www.hr-mirai.com/info_useful_2007.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


 【3】貴社の賃金グラフを無料でさしあげます

貴社の給与データを送って下さい!無料で診断グラフを送らせて頂きます。


ヒューマンリソースみらいでは、愛知県名古屋市にある北見式賃金研究所の主宰
の元で、中小企業の社員の給与明細を集めた賃金統計「ズバリ! 実在賃金」の
首都圏版を作成しております。

役所の出している賃金統計に疑問を感じておられる方、一度、貴社の給与データ
を送って下さい。

中小企業の生の給与データを入手することで、羅針盤が出来上がります。

○この賃金統計は以下のような特色があります
1.実際に支給された給与明細に基づき作成されている
    (いわゆるモデル賃金ではない)
2.プロットグラフであるために”目で視る統計”になっている
3.自社の従業員の賃金をプロットすれば、その水準を一目瞭然にできる
4.厚生労働省や官公庁などが出している公的統計も一緒になっているので、統計を
”網羅”している。
5.正社員300人未満の中小企業のみを調査対象にしている。

○給与データ お待ちしてます
貴社の給与データを送って下されば、こちらが無料で診断グラフを作成して送らせ
て頂きます。
貴社のデータをエクセルファイルで送って下さい。
そのエクセルデータは弊社の書式でなければなりませんので、送る前に当社にご連
絡下さい。
事前にご連絡を頂戴しないと二度手間になります。

○対応できる地域
首都圏版=東京都+埼玉県+千葉県+神奈川県のみ
   (他の関東エリアは対応できません)

○対応できる企業
正社員20人以上 300人未満に限定

○送って欲しい給与データ
首都圏版=平成18年度分の賃金+18年の年間賞与(年次をこれに揃えて下さい)

○提供できるもの
無料版=年収グラフ
有料版(10万5000円)=年収 賃金総額 所定内賃金 中途採用者初任給 年間賞与 

○守秘義務
もちろん秘密は厳守致します。


○当社では企業内セミナーや提携セミナーも積極的にお引き受けいたします。
企業や団体における勉強会、従業員教育、お客様へのサービス企画などに、
労務管理や年金、助成金などのお話をさせて頂いております。
どうぞお気軽にお声掛けください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


  【4】編集後記

週末から昨日までにかけて、今年一年を反省し、来年の経営計画を考える、経営会
議を泊り込みて実施してました。

日頃の環境を離れて、じっくりと話し合いをし、英気を養う。

経営の方向性をしっかり確認しあって、3年目の飛躍を目指す良き3日間でした。

ここで大事だと思ったのは、結果だけの反省ではなく、結果をもたらしたプロセス
に対する素直な自己反省だと思いました。

昨年立てた計画と一年間の行動を振り返ったとき、数多くの失敗と、ほんの少しの
成功の経験が多くの反省をもたらしてくれます。

失敗ばかりの一年でしたが、失敗の経験をより多くするからこそ明日への生きる道
が開けてくると感じております。

【ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状】vol.73はいかがでしたか。

前回は当社の設立2周年とお伝えしたところ多くの方からお祝いや励ましのご連絡
を頂きました。

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

ご感想などございましたら、お気軽にメールして下さい。
これからも「みらい」への招待状をよろしくお願い申し上げます。

今日もお読み頂きありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------

◇◇ワクワク人間力を創造する「みらい」への招待状◇◇

          ご意見お待ちしております。info@hr-mirai.com まで

-------------------------------------------------------------------------

         編集発行責任者  株式会社ヒューマンリソースみらい
                     社会保険労務士事務所みらい
                     荒木 康之
-------------------------------------------------------------------------
           □□□□□□□ 人間力は経営力
           □■□□□■□ 231-0014 横浜市中区常磐町2-20
           □■■□■■□        ヴェラハイツ関内405
           □■□■□■□  ヒューマンリソース TEL 045-650-4166
           □■□□□■□  社労士事務所    TEL 045-650-4188
           □■□□□■□  両社共通       FAX 045-650-4199
           □□□□□□□  ホームページ http://www.hr-mirai.com
-------------------------------------------------------------------------

   
 
このページのトップへ
   
お問合せ
[ ヒューマンリソースみらい ] TEL :横浜 045-650−4166
[ 社会保険労務士事務所  ]  TEL :横浜 045-650−4188
お電話でのお問い合わせはこちらから 045-650-4166 メールフォームでのお問合せはこちらから
人間力が会社を変える!
会社概要
荒木のプロフィール
メールマガジン